総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事| JTB【くつろぎの温泉宿】


黒部の太陽 黒部ダムの魅力

映画「黒部の太陽」


映画「黒部の太陽」

立山黒部アルペンルート 黒部ダム 黒部の太陽
kurobe_taiyo.jpg黒部の太陽というのは木本正次氏が書いた小説のタイトルです。またこの小説を原作にして石原裕次郎さん、三船敏郎さんが出演して作られた映画のタイトルです。
内容は黒部ダム建設時における一番の難工事だった大町トンネル内での大破砕帯の大出水を描いた男たちの苦しみと悲しみを表した作品です。
当時所属会社以外の作品には出演してはいけないという「五社協定」があった中、三船プロダクション石原プロモーションが作り上げた共同作品の先駆けとなった作品です。
この映画が製作されるまでにはかなりの期間がかかったようで、石原裕次郎さんの自分で映画を作りたいという信念が実ってやっと製作にまでいたったようでした。その影にいたのは劇団民藝の主宰者で俳優界の大御所である宇野重吉氏だったと言います。
当時何かと資金が無かった石原プロが民藝を訪ねて宇野重吉氏に協力を依頼したのがきっかけとなり、資金面、機材面、人材面と全てにおける協力が得られたようです。
そこから五社協定や日活問題など次々と課題をクリアしていき、1966年に三船プロダクションと石原プロモーションによる映画「黒部の太陽」の製作発表までこぎ着けたということです。
撮影期間は1年以上にも及び、実際にも事故が起きた大町トンネルでの大破砕帯の大出水事故シーンで事故が起こるなどなんとも大変な撮影風景だったようです。
おかげで映画は大ヒットを記録し、ドラマ化やビデオ化もされていないのに今日まで語り継がれてきたほどの名作となったのが「黒部の太陽」です。



posted by 立山黒部アルペンルート 黒部ダム 記録の細道 at 12:54 | Comment(0) | 黒部の太陽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「黒部の太陽」の製作背景

格安旅行なら阪急交通社

映画「黒部の太陽」の製作背景
立山黒部アルペンルート 黒部ダム 黒部の太陽
関電トンネル.jpg
映画最大の見所。出水シーンは迫力満点。空前の大ヒットとなった!
映画「黒部の太陽」という作品を制作するに当たって、石原裕次郎、三船敏郎の二人には最大の難関「五社協定」という圧力との戦いをしなくてはならなかったようです。
この「五社協定」というのは、映画会社間の交流を制約するもので当時はものすごく厳しかった存在で恐れられていたようです。
しかし、この二人の情熱に周囲が動かされ共同で製作が行われるようになるまでに事が運んでいったようです。
次に立ちはだかった難関が「黒部の破砕帯」と呼ばれる出水シーンになります。撮影現場は実物大として作られた全長200メートル以上で作成された関電トンネルです。このセットを作成するに当たってはとても大変だったようで、坑内の岩石などは本物を黒部の土地から運び込んだらしいです。
そして、撮影本番になって水が噴出する場面で水が噴出してこない、おかしいと思ったその瞬間に地鳴りとともに濁流が出演者や機材、セットを押し流していったと言います。このシーンで石原裕次郎氏本人も怪我をおったそうです。機材までも押し流された中、奇跡的にフィルムが一部残っていたために、この奇跡的な「生涯最高の作品」と言ったほど最高の作品になったようです。しかしその後この映画は封印され、テレビ化もDVD化もされていなかったようです。

プロジェクトX シリーズ 黒四ダム [DVD]

プロジェクトX シリーズ 黒四ダム [DVD]

  • 出版社/メーカー: NHKエンタープライズ
  • メディア: DVD





posted by 立山黒部アルペンルート 黒部ダム 記録の細道 at 07:43 | Comment(0) | 黒部の太陽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「黒部の太陽」

立山黒部アルペンルート 黒部ダム 黒部の太陽
映画「黒部の太陽」

kurobe_taiyo.jpg黒部の太陽というのは木本正次氏が書いた小説のタイトルです。またこの小説を原作にして石原裕次郎さん、三船敏郎さんが出演して作られた映画のタイトルです。
内容は黒部ダム建設時における一番の難工事だった大町トンネル内での大破砕帯の大出水を描いた男たちの苦しみと悲しみを表した作品です。
当時所属会社以外の作品には出演してはいけないという「五社協定」があった中、三船プロダクション石原プロモーションが作り上げた共同作品の先駆けとなった作品です。
この映画が製作されるまでにはかなりの期間がかかったようで、石原裕次郎さんの自分で映画を作りたいという信念が実ってやっと製作にまでいたったようでした。その影にいたのは劇団民藝の主宰者で俳優界の大御所である宇野重吉氏だったと言います。
当時何かと資金が無かった石原プロが民藝を訪ねて宇野重吉氏に協力を依頼したのがきっかけとなり、資金面、機材面、人材面と全てにおける協力が得られたようです。
そこから五社協定や日活問題など次々と課題をクリアしていき、1966年に三船プロダクションと石原プロモーションによる映画「黒部の太陽」の製作発表までこぎ着けたということです。
撮影期間は1年以上にも及び、実際にも事故が起きた大町トンネルでの大破砕帯の大出水事故シーンで事故が起こるなどなんとも大変な撮影風景だったようです。
おかげで映画は大ヒットを記録し、ドラマ化やビデオ化もされていないのに今日まで語り継がれてきたほどの名作となったのが「黒部の太陽」です。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

黒部ダム 「黒部の太陽」 香取慎吾主演黒部の太陽 黒部ダム 黒部ダムのこと黒部の太陽 黒部ダム 観光する1

posted by 立山黒部アルペンルート 黒部ダム 記録の細道 at 18:55 | Comment(0) | 黒部の太陽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【黒部の太陽】の英霊に捧ぐドラマ化

立山黒部アルペンルート 黒部ダム 黒部の太陽
黒部ダム【黒部の太陽】がドラマ化

kurobenotaiyou-s.jpg

1950年という時代は、電力不足が深刻化していた時代でした。この電力不足を対応しようと水力発電として起動できる最大規模の巨大ダムとして施行されたのが黒部ダムです。
1950年代に起きた電力不足に対応した、巨大ダムの施行があり、その高さ堤高186mというのはいまだに日本では破られていない記録だそうです。
当時、ダムの建設には513億円という巨額の費用、1000万人と言う人数がかかったと言われていてこの工事中に171人もの殉職者を出しているという事実もあるようです。

黒部の太陽.jpg


この命がけの建設ドラマを映像化したのが1968年に公開された「黒部の太陽」という映画です。出演しているのは石原裕次郎という大スターです。諸事情があり映画公開以降ビデオにもDVDにもなっていなく、テレビ放映もされていないのではないかと思うので見たことがある人というのは今現在少ないとは思います。なんか版権の問題なのかもしれませんね。
映画公開時代はものすごい迫力のものだったようです。その「黒部の太陽」がフジテレビでドラマ化されるようです。主演は香取慎吾さんです。昔の迫力を感じることができるのか今から楽しみですよね。

黒部ダムを施行するために命がけで工事をした人たちの物語です。今のこの無責任な世の中、人々に対して何か訴えることがあるかもしれません。長い年月を経てやっと実現化したテレビドラマ化です。この流れで昔の映画が映像化してくれないかと期待せざるをえません。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

春の旅行春旅行はどこへ?春旅行 旅とお花見

posted by 立山黒部アルペンルート 黒部ダム 記録の細道 at 20:48 | Comment(0) | 黒部の太陽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香取慎吾主演「黒部の太陽」

立山黒部アルペンルート 黒部ダム 黒部の太陽
香取慎吾主演「黒部の太陽」

関電トンネル.jpg

故・石原裕次郎さんが主演した映画「黒部の太陽」がフジテレビの開局50周年記念ドラマとして、SMAPの香取慎吾さんを主演で迎えて復活することが決まったそうです。
放送は来春、製作は今年10月から行われるそうです。このドラマでは石原裕次郎さんが演じた岩岡剛を香取慎吾さんが、故・三船敏郎さんが演じた役を小林薫さんが演じることが分かっています。
黒部の太陽の概要としては戦後襲われた電力不足を解消するために黒部峡谷を切り開いていき、黒部ダムという今でも日本最大級を誇るダムを建設するまでの男たちの奮闘振りを描いた作品になっている実話にもとづいた話です。
これを当時映画化するにあたっては「五社協定」という所属会社以外の作品に出演してはダメだという難問にぶち当たった石原裕次郎さんと三船敏郎さんが、なんとか解決をし、共演を実現させた映画で、戦後最大のヒット作として知られています。
また、この作品のスケールの大きさはブラウン管ではなくスクリーンで見て欲しいという石原裕次郎さんの意志から今までドラマ化もビデオ化もされてこなかったようなので、いかにこの作品が貴重で大切なものなのかを知ることができると思います。
ドラマは映画以上に原作に忠実に再現されるようで、黒部ダム建設時の最大の難関であった大町トンネル内での大破砕帯の大出水シーンをどう表現するのか今から楽しみです。このシーンはCGを使用するなど映画には負けない迫力が期待できそうです。
自然と戦いながらダム建設を成し遂げていく男たちの苦悩や悲しみなんかがどう映し出されていくのか楽しみなドラマとなりそうです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ランドクルーザー ランクル100の魅力ランドクルーザー ランクル200への進化ランドクルーザー ランクル200の走行性

posted by 立山黒部アルペンルート 黒部ダム 記録の細道 at 23:14 | Comment(0) | 黒部の太陽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「黒部の太陽」の製作背景

立山黒部アルペンルート 黒部ダム 黒部の太陽
映画「黒部の太陽」の製作背景
関電トンネル.jpg
映画最大の見所。出水シーンは迫力満点。空前の大ヒットとなった!

映画「黒部の太陽」という作品を制作するに当たって、石原裕次郎、三船敏郎の二人には最大の難関「五社協定」という圧力との戦いをしなくてはならなかったようです。
この「五社協定」というのは、映画会社間の交流を制約するもので当時はものすごく厳しかった存在で恐れられていたようです。
しかし、この二人の情熱に周囲が動かされ共同で製作が行われるようになるまでに事が運んでいったようです。
次に立ちはだかった難関が「黒部の破砕帯」と呼ばれる出水シーンになります。撮影現場は実物大として作られた全長200メートル以上で作成された関電トンネルです。このセットを作成するに当たってはとても大変だったようで、坑内の岩石などは本物を黒部の土地から運び込んだらしいです。
そして、撮影本番になって水が噴出する場面で水が噴出してこない、おかしいと思ったその瞬間地鳴りとともに濁流が出演者や機材、セットを押し流していったと言います。このシーンで石原裕次郎氏本人も怪我をおったそうです。機材までも押し流された中、奇跡的にフィルムが一部残っていたために、この奇跡的な出水シーンが世の中に広められることになったようです。
当時、映画「黒部の太陽」は空前の大ヒットとなったようで石原裕次郎本人も映画の感想で「生涯最高の作品」と言ったほど最高の作品になったようです。しかしその後この映画は封印され、テレビ化もDVD化もされていなかったようです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

お客様の声 高得点
posted by 立山黒部アルペンルート 黒部ダム 記録の細道 at 16:47 | Comment(0) | 黒部の太陽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒部ダムを題材にした「黒部の太陽」

立山黒部アルペンルート 黒部ダム 黒部の太陽
黒部ダムを題材にした「黒部の太陽」

中村指導.jpg

「黒部の太陽」という映画が昔ありました。それはあの大スター石原裕次郎が主演した映画です。
この「黒部の太陽」を映画化にしようとした時代は、1967年、まだ石原裕次郎の「夜霧よ今夜も有難う」やグループサウンズの曲が世の中を彩っていた頃の話です。
石原裕次郎、三船敏郎、熊井啓という3人の男たちの挑戦から始まったようです。
まだまだ日本が未発達だった時代、日本を発展させるためには黒部の開発が必要なんじゃないかと関西電力社長の太田垣士郎が黒部ダムの建設を決めたことから話は始まります。しかし、建設に至るまでにはさまざまな困難があり、トンネル工事自体が無理だと反対されていたようです。しかし、このダム建設の責任者でもある北川覚と、建設会社の技師である岩岡剛によって関電トンネルの破砕帯突破をしようと全力を注ぐことになります。
そういったドラマの話を映画化しています。
これが、秋舞台化された中村獅童が主演として熱演されるようになります。この男たちの人生と葛藤でした。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ




 
posted by 立山黒部アルペンルート 黒部ダム 記録の細道 at 09:22 | Comment(0) | 黒部の太陽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒部の太陽のドラマ化について

立山黒部アルペンルート 黒部ダム 黒部の太陽
黒部ダム【黒部の太陽】がドラマ化

kurobenotaiyou-s.jpg

1950年という時代は、電力不足が深刻化していた時代でした。この電力不足を対応しようと水力発電として起動できる最大規模の巨大ダムとして施行されたのが黒部ダムです。
1950年代に起きた電力不足に対応した、巨大ダムの施行があり、その高さ堤高186mというのはいまだに日本では破られていない記録だそうです。
当時、ダムの建設には513億円という巨額の費用、1000万人と言う人数がかかったと言われていてこの工事中に171人もの殉職者を出しているという事実もあるようです。

黒部の太陽.jpg


この命がけの建設ドラマを映像化したのが1968年に公開された「黒部の太陽」という映画です。出演しているのは石原裕次郎という大スターです。諸事情があり映画公開以降ビデオにもDVDにもなっていなく、テレビ放映もされていないのではないかと思うので見たことがある人というのは今現在少ないとは思います。なんか版権の問題なのかもしれませんね。
映画公開時代はものすごい迫力のものだったようです。その「黒部の太陽」がフジテレビでドラマ化されるようです。主演は香取慎吾さんです。昔の迫力を感じることができるのか今から楽しみですよね。

黒部ダムを施行するために命がけで工事をした人たちの物語です。今のこの無責任な世の中、人々に対して何か訴えることがあるかもしれません。長い年月を経てやっと実現化したテレビドラマ化です。この流れで昔の映画が映像化してくれないかと期待せざるをえません。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

春の旅行春旅行はどこへ?春旅行 旅とお花見

posted by 立山黒部アルペンルート 黒部ダム 記録の細道 at 10:00 | Comment(0) | 黒部の太陽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒部ダムの完成

黒部ダム完成までの工程
立山黒部アルペンルート 黒部ダムの魅力

damukouji.jpg



黒部ダムの完成は当初昭和38年と予定されていましたが、この完成予定までの工程は関西電力にとっては絶対に遅れてはいけないという危機感があったようです。
それは何故かというと、黒部ダム建設の工期が7年以上になってしまった場合、これまでの電力需要の伸びから考えてみても、もしかすると大阪が停電になってしまうかもしれないという危険性があったからだと言われています。

黒部ダムを建設する上での工程で一番時間がかかるとされていたところは、ダムの工事本体ということだったそうです。
黒部ダムの工事は途中までは順調に行っていたのだと思いますが、大町トンネル内での大破砕体との遭遇によりこれを貫通させるために7ヶ月もの期間を費やしたことで、後工程での苦闘が強いられることになったようです。
何故なら、トンネル貫通時点で既に工期が1年遅れていたからだったからだそうです。

ですから、黒部ダム工事を施工する側から出された挽回策としてダム基礎掘削を「大発破」するという方法であったと言います。
詳しいことはここで書いてもよく分かりませんが黒部のダム工事にはかなりの重機械類を投入して実施され、結果的にはわずか1ヶ月遅れまで工期を取り戻したようです。

これによって大阪が停電すると言う自体は免れた訳ですが、ダム工事と言うのは何が起こって障害になるか分かりませんよね。費用や人材の問題もあるとは思うのですが余裕を持った工事ができるような時代がくればこういった問題は起こらずに済むのかもしれませんね。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by 立山黒部アルペンルート 黒部ダム 記録の細道 at 09:00 | Comment(0) | 黒部の太陽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「黒部の太陽」

立山黒部アルペンルート 黒部ダム 黒部の太陽
映画「黒部の太陽」

kurobe_taiyo.jpg黒部の太陽というのは木本正次氏が書いた小説のタイトルです。またこの小説を原作にして石原裕次郎さん、三船敏郎さんが出演して作られた映画のタイトルです。
内容は黒部ダム建設時における一番の難工事だった大町トンネル内での大破砕帯の大出水を描いた男たちの苦しみと悲しみを表した作品です。
当時所属会社以外の作品には出演してはいけないという「五社協定」があった中、三船プロダクション石原プロモーションが作り上げた共同作品の先駆けとなった作品です。
この映画が製作されるまでにはかなりの期間がかかったようで、石原裕次郎さんの自分で映画を作りたいという信念が実ってやっと製作にまでいたったようでした。その影にいたのは劇団民藝の主宰者で俳優界の大御所である宇野重吉氏だったと言います。
当時何かと資金が無かった石原プロが民藝を訪ねて宇野重吉氏に協力を依頼したのがきっかけとなり、資金面、機材面、人材面と全てにおける協力が得られたようです。
そこから五社協定や日活問題など次々と課題をクリアしていき、1966年に三船プロダクションと石原プロモーションによる映画「黒部の太陽」の製作発表までこぎ着けたということです。
撮影期間は1年以上にも及び、実際にも事故が起きた大町トンネルでの大破砕帯の大出水事故シーンで事故が起こるなどなんとも大変な撮影風景だったようです。
おかげで映画は大ヒットを記録し、ドラマ化やビデオ化もされていないのに今日まで語り継がれてきたほどの名作となったのが「黒部の太陽」です。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

黒部ダム 「黒部の太陽」 香取慎吾主演黒部の太陽 黒部ダム 黒部ダムのこと黒部の太陽 黒部ダム 観光する1

posted by 立山黒部アルペンルート 黒部ダム 記録の細道 at 09:00 | Comment(0) | 黒部の太陽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒部ダムはさまざまなことに使われています





momobgyoko.JPG

黒部ダムは映画やロケなどさまざまなシーンで使われています。
その黒部ダムの内容の一部抜粋してご紹介してみたいと思います。

【映画「黒部の太陽」】
黒部ダムは映画「黒部の太陽」の舞台として有名な場所です。この物語は黒部ダム建設時の大町トンネル大破砕帯に関わる物語を題材にしたものとなっています。
あらすじですが、石原裕次郎演じる岩岡剛は設計技師として図面を引いて働いていました。そんな岩岡の父はトンネルを掘る職人で、掘るためならどんな犠牲も構わないという人でした。
そんなある日黒部ダムの現場を見に岩岡が黒部を訪れたとき、三船敏郎演じる現場責任者・北川と出会い、その熱意に触れることになります。
そんな北川氏、父の代わりに指揮をとることにした岩岡氏が大町トンネルの難関を突破するまでの話を映画化にしたものです。

【映画「ホワイトアウト」】
黒部ダムは2000年に公開された織田裕二主演の映画、ホワイトアウトのロケ地としても有名な場所です。
この映画のモデルとなっているダムは奥只見ダムなのですが、実際に映画のロケ地として使用されたのは黒部ダムだったようです。

この物語は日本で最大級の貯水量を誇るダムがテロリスト集団に占拠され、ダムの職員が勇敢に立ち向かっていくという話です。
黒部ダム周辺で100日以上にも及ぶロケが敢行されたようで過酷なロケだったようです。
出演者は他に松嶋菜々子、佐藤浩一らでした。

このように映画のロケ地として使用されることが多いのが黒部ダムです。

エコポイント制度スタート!家電品のあまりの安さにテレビ、雑誌の取材殺到!
激安!家電のタンタンショップは
こちら!


携帯電話と最新デジタルガジェットセット


【楽天トラベル】あっつい夏がやってきた!夏の旅行特集


posted by 立山黒部アルペンルート 黒部ダム 記録の細道 at 09:00 | Comment(0) | 黒部の太陽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒部ダム「黒部の太陽」がドラマ化

立山黒部アルペンルート 黒部ダム 黒部の太陽
黒部ダム【黒部の太陽】がドラマ化

1950年という時代は、電力不足が深刻化していた時代でした。この電力不足を対応しようと水力発電として起動できる最大規模の巨大ダムとして施行されたのが黒部ダムです。
1950年代に起きた電力不足に対応した、巨大ダムの施行があり、その高さ堤高186mというのはいまだに日本では破られていない記録だそうです。
当時、ダムの建設には513億円という巨額の費用、1000万人と言う人数がかかったと言われていてこの工事中に171人もの殉職者を出しているという事実もあるようです。

黒部の太陽.jpg


この命がけの建設ドラマを映像化したのが1968年に公開された「黒部の太陽」という映画です。出演しているのは石原裕次郎という大スターです。諸事情があり映画公開以降ビデオにもDVDにもなっていなく、テレビ放映もされていないのではないかと思うので見たことがある人というのは今現在少ないとは思います。なんか版権の問題なのかもしれませんね。
映画公開時代はものすごい迫力のものだったようです。その「黒部の太陽」がフジテレビでドラマ化されるようです。主演は香取慎吾さんです。昔の迫力を感じることができるのか今から楽しみですよね。

黒部ダムを施行するために命がけで工事をした人たちの物語です。今のこの無責任な世の中、人々に対して何か訴えることがあるかもしれません。長い年月を経てやっと実現化したテレビドラマ化です。この流れで昔の映画が映像化してくれないかと期待せざるをえません。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

横浜開港150周年記念 「開国・開港Y150」とは?横浜開港150周年記念 巨大スペクタクルアート劇団「ラ・マシン」横浜開港150周年記念 「Y150はじまりの森」

posted by 立山黒部アルペンルート 黒部ダム 記録の細道 at 09:00 | Comment(0) | 黒部の太陽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

舞台「黒部の太陽」の中村獅童さんについて

立山黒部アルペンルート 黒部ダム 黒部の太陽
舞台【黒部の太陽】中村獅童さん
sdou.jpg


昭和43年と今から約40年も前に、故・石原裕次郎さん、故・三船敏郎さんによって作られた今では伝説となっている映画「黒部の太陽」が40年の時を経て舞台としてよみがえる事が分かったそうです。今まで映画以外にはテレビでも、DVDでも見ることができなかった幻とまで言われた作品が舞台として蘇るということで、否が応でも注目を浴びる作品となっています。

この物語は黒部ダム建設に命と情熱を注いだ男たちの苦悩と苦闘、またその家族の絆を描いているストーリーとなっています。

この主人公ともいえる建設会社の技師である岩岡剛役をやるのが歌舞伎役者の中村獅童さんです。映画では石原裕次郎さんが演じた役どころです。
インタビューに答えた中村獅童さんは目を輝かせて「石原裕次郎さんの役を僕がやらせてもらえるなんて」というように言っていたそうです。

中村獅童さんの世代から見て、石原裕次郎さんと言うと黒部の太陽の岩岡というよりは、「太陽にほえろ!」のボス役が印象的かもしれませんね。そんなボスが演じた役をできるというのは、それも幻の名作と言われる作品の主演ができると言うのは本当に嬉しいことだと思います。

この映画の見所はなんといっても黒部ダム建設における最大の難関でもあった大町トンネルの大破砕体の大出水シーンだと思います。映画で見せた迫力あるシーンを舞台と言う場所でどうやって演出してくれるのか、あの出水シーンはどうするのか今から本当に楽しみなところだと思います。
posted by 立山黒部アルペンルート 黒部ダム 記録の細道 at 08:00 | Comment(0) | 黒部の太陽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「黒部の太陽」が舞台で復活

立山黒部アルペンルート 黒部ダム 黒部の太陽
【黒部の太陽】舞台で復活

故・石原裕次郎さんがかつて主演した超大作映画「黒部の太陽」が中村獅童さんを主役として舞台で復活されることが決まったそうです。

この舞台「黒部の太陽」は10月5日より大阪の梅田芸術劇場で公演される予定で、主役を歌舞伎役者の中村獅童さんが、演出を映画監督の佐々部清氏が努めるそうで佐々部氏の舞台演出はこの作品が初となるそうです。

今までこんな大作がテレビやDVDとして世に出ていなかった理由としては故・石原裕次郎さんがこの作品はぜひ映画で見て欲しいという強い意志があったからだと言われています。そんな大作が40年振りに世の中に出るわけですから注目されないはずがありませんよね。

この作品を舞台化するまでにはかなり大変だったらしく、梅田芸術劇場の岡田正行プロデューサーが石原プロをやっと口説き落としたことで実現に至ったそうです。

舞台では映画「黒部の太陽」のストーリーはもとより、この作品を映画化するにあたっての石原裕次郎さんと三船敏郎さんの製作過程のストーリーも盛り込まれた内容になっているそうです。

また関電トンネル内での大出水シーンはクライマックスにありますが、舞台上に超特大水槽を用意して2万リットルという大量の水を大放出する予定らしいです。どういった演出になっているのかとても楽しみです。

舞台化は無理だと言われたこの作品の実現にあたっては実際の黒部ダムを建設した関西電力と熊谷組が協力していることからして、リアリティー溢れる舞台が実現するのではないかと期待されています。
posted by 立山黒部アルペンルート 黒部ダム 記録の細道 at 10:00 | Comment(0) | 黒部の太陽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒部の太陽の見所

立山黒部アルペンルート黒部ダムを歩く、黒部観光なら



阪急交通社 宿泊予約サイト「Theお宿(ねっと版)」 Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

立山黒部あるぺんルート黒部ダム黒部の太陽
舞台【黒部ダム】の見所

中村指導.jpg


2008年秋、あの石原裕次郎、三船敏郎が出演した不朽の名作「黒部の太陽」が舞台としてよみがえる事が分かりました。
この作品は今まで諸事情があり、テレビでの放映、ビデオ化などがされていませんでしたが満を持して舞台として皆様の前に出ることになったのです。
往年の大スター石原裕次郎の役を中村獅童さんがやることになります。

その舞台「黒部の太陽」の公演の見所ですが、以下のようになります。
あの伝説の名作である「黒部の太陽」が梅田芸術劇場の舞台空間に、長い時間を経て私たちに語りかけてくることでしょう。
石原裕次郎がこの作品を「生涯最高の作品だ」と語ったくらい大作として有名なもので、この舞台のために今まで表に出ていなかった貴重な昔の映画のメイキングストーリーがこの舞台で流れることになります。

damukouji.jpg



「黒部の太陽」と言ったらあの大出水シーンだと思いますが、舞台ではまさか本物の水を使って放水することなどイメージされていないと思う方が多いと思いますが、この舞台「黒部の太陽」では実際のステージにおいて大量の本物の水を放出するというシーンが盛り込まれていてものすごい臨場感を味わうことができます。

また梅田芸術劇場に現れた関電トンネルや大迫力ある放水シーンなど今までの舞台では表すことができなかった演出を演出しようと舞台の限界まで挑んでいる構成になっています。

ですので、是非この黒部の太陽の舞台をみてこの感動と臨場感まで味わってみてはいかがでしょうか。

コースバリエーションに自信!阪急交通社、旅行の大バーゲン開催中!

posted by 立山黒部アルペンルート 黒部ダム 記録の細道 at 10:42 | Comment(0) | 黒部の太陽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香取慎吾主演「黒部の太陽」

立山黒部アルペンルート 黒部ダム 黒部の太陽
香取慎吾主演【黒部の太陽】

故・石原裕次郎さんが主演した映画「黒部の太陽」がフジテレビの開局50周年記念ドラマとして、SMAPの香取慎吾さんを主演で迎えて復活することが決まったそうです。
放送は来春、製作は今年10月から行われるそうです。

このドラマでは石原裕次郎さんが演じた岩岡剛を香取慎吾さんが、故・三船敏郎さんが演じた役を小林薫さんが演じることが分かっています。

黒部の太陽の概要としては戦後襲われた電力不足を解消するために黒部峡谷を切り開いていき、黒部ダムという今でも日本最大級を誇るダムを建設するまでの男たちの奮闘振りを描いた作品になっている実話にもとづいた話です。

これを当時映画化するにあたっては「五社協定」という所属会社以外の作品に出演してはダメだという難問にぶち当たった石原裕次郎さんと三船敏郎さんが、なんとか解決をし、共演を実現させた映画で、戦後最大のヒット作として知られています。
また、この作品のスケールの大きさはブラウン管ではなくスクリーンで見て欲しいという石原裕次郎さんの意志から今までドラマ化もビデオ化もされてこなかったようなので、いかにこの作品が貴重で大切なものなのかを知ることができると思います。

ドラマは映画以上に原作に忠実に再現されるようで、黒部ダム建設時の最大の難関であった大町トンネル内での大破砕帯の大出水シーンをどう表現するのか今から楽しみです。このシーンはCGを使用するなど映画には負けない迫力が期待できそうです。

自然と戦いながらダム建設を成し遂げていく男たちの苦悩や悲しみなんかがどう映し出されていくのか楽しみなドラマとなりそうです。
posted by 立山黒部アルペンルート 黒部ダム 記録の細道 at 05:56 | Comment(0) | 黒部の太陽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康 TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。