総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事| JTB【くつろぎの温泉宿】


黒部の太陽 黒部ダムの魅力

黒部観光【黒部ダム駅、ダム展望台、野外階段】

旅行の大バーゲン!格安旅行満載の阪急交通社


黒部観光【黒部ダム駅、ダム展望台、野外階段】
立山黒部アルペンルート 黒部ダムの魅力

黒部ダム駅jpg


【黒部ダム駅】
トロリーバスの駅である黒部ダム駅は地下にあります。ここへはトロリーバスで扇沢駅から16分ほどで到着します。ここから黒部ダムへ行く経路は二つあります。ひとつは乗降口のところに黒部ダム展望台に続いている地中階段があります。その階段は220段あります。もうひとつは駅にある待合室の前の階段を下りていき、連絡通路を通るとダム堰堤にたどり着くことができるという二つの経路です。どちらでもお好きなほうで行ってください。

Kurobe_Damhosui.jpg


【ダム展望台】
黒部ダム駅から続いている220段、約10分におよぶ地中階段を上りきるとダム展望台があります。そこでは、黒部ダムを眼下に見下ろすことができる最高のポイントになっています。そこからは黒部ダムのほかに、立山連峰、北アルプスという大パノラマを楽しむことができます。
ここの見学は自由とされていて、湧き水もありますので是非堪能してみてください。

kurobeyagaikaidan.jpg


【野外階段】
ダムの展望台から進展膨大、ダムレストハウスへと繋がっている野外階段となっています。移動するだけで景色が変わるので、一歩一歩楽しむことができるのです。この階段は、景色を楽しむことができる意外なポイントとなっています。
しかし、野外ですので天候などによって利用できない場合もありますので事前に確認してから利用するようにしてみてください。


posted by 立山黒部アルペンルート 黒部ダム 記録の細道 at 11:20 | Comment(0) | 黒部観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒部観光【扇沢駅、トロリーバス】

宿ぷらざ   Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

黒部観光【扇沢駅、トロリーバス】
立山黒部アルペンルート 黒部ダムの魅力

黒部ダムは今では有名な観光地となっています。そこでここでは黒部ダムの観光地をご紹介してみたいと思います。
黒部ダム以外の観光名所をご紹介しますので参考にしてみてください。

oogizawaeki.JPG


【扇沢駅】
黒部ダム観光として最初に訪れるのが扇沢駅です。この駅は標高1433メートルという高地にあって、後立山連峰の大自然のなかにあります。ここの駅まではマイカーで行くことができ、大駐車場が完備されているために大変便利です。
駐車場には無料分450台、有料分300台、臨時分700台とかなり大きな駐車場となっています。また駅前に扇沢総合案内センターというのがあるので、何か不明なこと、聞きたいことがあるときにはここで案内してもらうといいと思います。
アルペンルートにおける、トロリーバスや他の乗り物のチケットもこの駅で購入することができます。また駅の2階には売店やレストランがあるので、お土産を買ってもいいかもしれませんね。

torori_bus1.jpg


【関電トンネルトロリーバス】
トロリーバスとは全国各地にあるような感じを受けますが、実は関電トンネルと立山トンネルの間でしか運行されていないものだと知っていましたか?このトロリーバスは鉄道の一種として扱われています。
しかし、ガソリンで動いているものではなく電気で動いているものです。
このトロリーバスは黒部ダムの扇沢駅から富山の黒部ダムまでの6.1kmをつないでいるもので、約16分間におよぶ旅ができます。
まず黒部ダムの観光をしようとして訪れるのが、この二津から始まります。他にも、まだまだたくさん観光地はありますが是非、乗ってみてはいかがでしょうか。


posted by 立山黒部アルペンルート 黒部ダム 記録の細道 at 13:50 | Comment(1) | 黒部観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒部ダムを観光する【ダム堰堤】【湖畔遊歩道】


「黒部観光」
旅行の大バーゲン!格安旅行満載の阪急交通社  Powered by JANet
momobgyoko.JPG

黒部ダム観光【ダム堰堤】【湖畔遊歩道】
立山黒部アルペンルート 黒部ダムの魅力

【黒部ダム堰堤】

kurobe_damu2.jpg


黒部観光の目玉、黒部ダムは世界の中においても屈指の規模を誇っているダムで、高さ186メートル、堤長492メートルにも及ぶダムになっています。
またその形はアーチ式ドーム越流型になっていてそのアーチはとても美しい形を描いているそうです。
黒部ダムの貯水量は2億立方メートルにも及んでいて、膨大な量の水を蓄えることができます。
また今では黒部観光の名物となっている観光放水の様子は圧巻で、毎秒10立方メートル以上もの放水シーンをみることができます。
しかしこのダム放水様子は6月26日〜10月15日までと期間限定のために、きちんと調べてから黒部観光をご計画することをお勧めします。

また黒部ダムがある場所は立山黒部アルペンルートの立山連峰や北アルプスの大自然の中にありますので、その自然と美しい空気に心身ともにゆったりできてリフレッシュすることができると思います。

【黒部湖畔遊歩道】

kurobe_kohan.jpg


もう一つの黒部観光の目的なのが、黒部の土地にはカンパ谷のつり橋あたりから黒部湖畔沿いに湖畔遊歩道があります。
ここは高低差もないし、黒部湖の周辺はキレイに整備されていますのでお子様連れの方でも安心して歩くことができると思います。
約1時間ものコースには森林浴を楽しむことができますし、立山連邦の大自然の美しさを目で、または体で感じることができる場所になっていますので是非ゆっくり黒部湖畔の遊歩道を歩いてみてはいかがでしょうか。

黒部ダム関連記事≫続きはこちら
posted by 立山黒部アルペンルート 黒部ダム 記録の細道 at 10:23 | Comment(0) | 黒部観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地獄谷温泉

立山黒部アルペンルート 黒部ダム観光
地獄谷温泉

jigokudani.JPG


長野県下高井郡にある地獄谷温泉。
湯田中渋温泉郷の中にある一つの温泉です。
地獄谷温泉といえば、ニホンザルが温泉につかっていることで有名です。
他にも熱湯を吹き上げる天然記念物の間欠泉があります。
冬には道路が閉鎖されますが、徒歩30分ほどで行けるため冬でも温泉旅行客が絶えません。

gjigoku_saru.jpg


地獄谷温泉にある旅館は一軒だけ。地獄谷後楽館です。
谷間にある温泉は特に雪景色が綺麗と言われており、徒歩でしかいけない冬の方が人気のある温泉なのです。
この温泉は混浴風呂になり、お風呂は源泉かけ流しです。
露天風呂と貸切風呂がありますが、温泉旅行客に人気なのは露天風呂です。
日帰温泉旅行でも露天風呂を楽しめます。
ただ、泊まって露天風呂をゆっくり楽しむのもお勧めです。
地獄谷温泉の周辺には歓楽街などはなにもありませんが、部屋から見る雪景色がとても綺麗なのです。
料理も川沿いということで、季節によっては川魚を楽しむことができます。
料理と雪が楽しめる宿なので、温泉旅行にはぴったりの宿です。
そして、冬になればニホンザルが温泉につかる姿を見ることができるのも貴重です。
この温泉には猿専用の露天風呂があり、たくさんの猿が温泉を楽しむ姿を見ることができます。
頭にうっすら雪がつもった猿たちが温泉につかる姿はとても可愛いです。
もちろん人間の温泉も露天風呂はとても気持ちがよく、秘湯と呼ばれるだけあります。
たまに人間用の露天風呂に猿が入っていることがあり、猿と一緒に温泉を楽しむことができます。



posted by 立山黒部アルペンルート 黒部ダム 記録の細道 at 16:55 | Comment(0) | 黒部観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒部ダムを観光する5

立山黒部アルペンルート 黒部ダム 黒部の太陽
黒部ダムの観光する5


【ダム堰堤】


黒部ダムは世界の中においても屈指の規模を誇っているダムで、高さ186メートル、堤長492メートルにも及ぶダムになっています。またその形はアーチ式ドーム越流型になっていてそのアーチはとても美しい形を描いているそうです。
またその貯水量は2億立方メートルにも及んでいて、膨大な量の水を蓄えることができます。また今では名物となっている観光放水の様子は圧巻で、毎秒10立方メートル以上もの放水シーンをみることができます。しかしこの様子は6月26日から10月15日までと期間限定のために、きちんと調べてから行くことをお勧めします。

また黒部ダムがある場所は立山連峰や北アルプスの大自然の中にありますので、その自然と美しい空気に心身ともにゆったりできてリフレッシュすることができると思います。


湖畔遊歩道】


黒部の土地にはカンパ谷のつり橋あたりから黒部湖畔沿いに湖畔遊歩道があります。ここは高低差もないし、キレイに整備されていますのでお子様連れの方でも安心して歩くことができると思います。
約1時間ものコースには森林浴を楽しむことができますし、大自然の美しさを目で、または体で感じることができる場所になっていますので是非ゆっくり歩いてみてはいかがでしょうか。



posted by 立山黒部アルペンルート 黒部ダム 記録の細道 at 11:42 | Comment(0) | 黒部観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

扇沢より黒部ダムへ

立山黒部アルペンルート 黒部ダム 黒部の太陽
黒部ダムへ(扇沢ルート)

torori_bus.jpg


黒部ダムに行くためにはどういった経路で行ったほうがいいのかご存知でしょうか?
まずは長野県の信濃大町からアルペンルートを辿って扇沢駅まで行きます。ここまで行くのには自家用車でも路線バスでもタクシーでも行けますので自由な方法で行くようにしてください。また自家用車で行く場合でも扇沢駅のところに駐車場が完備されていますので利用してください。次に扇沢駅から黒部ダム駅までは日本で唯一の乗り物トロリーバスを使って行く事になります。
このトロリーバスですが、電気で走る鉄道で電車の類に含まれる乗り物として認識されています。またこの黒部の土地は自然環境であったり、景観保護であったり、クリーンエネルギーであったりと環境に関してものすごく配慮された土地でもあると思います。そんなところを走るトロリーバスの乗り心地は最高です。と言いたいところですがトロリーバスは関電トンネルの中を走るのでせっかくの景色が見られないと言うのが難点になります。
しかし、トロリーバスの車中では黒部ダムの建設時に関する情報をアナウンスしており、黒部ダムについての予備知識を得た状態で黒部ダムに降り立つことができるということになります。

トロリーバスに乗っている時間は16分ほどで、黒部ダム駅に到着します。駅内には展望台へ行くための階段があり、それを使って展望台へ行くことができます。階段は疲れますが、きっと眼前には驚くほどの景色が広がっていることでしょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

黒部の太陽 黒部ダムとはどんな場所?黒部の太陽 黒部ダムを題材にしたもの黒部の太陽 黒部ダムとはどんなダム?

posted by 立山黒部アルペンルート 黒部ダム 記録の細道 at 12:00 | Comment(0) | 黒部観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒部ダムを観光する6

【遊覧船ガルベ】
黒部の大自然、北アルプスを眼前に楽しみながら自然の雄大さを満喫することができるのが黒部湖畔遊覧船の「ガルベ」です。この遊覧船は黒部湖を30分かけて一周するもので、日本にある遊覧船の中では一番標高が高いところに位置している遊覧船でもあるようです。

遊覧船につけられた「ガルベ」という名前ですが、これはアイヌ語を基にしてつけられたもので、「黒部」の語源となっているものだと言われています。この名前がつけられたのは平成12年の新造船がきたときに黒部湖の安全航行祈願として命名されたようです。

遊覧船に乗って進んでいくと、立山連峰が屏風のように連なっていて圧巻なのと、スバリ岳や針ノ木岳、赤牛岳などが次々と現れてきて、私たちが黒部峡谷のど真ん中にいるのだということを実感できるような感覚に襲われます。
この遊覧船での体験は是非お勧めですので乗ってみてください。

ガルベの全長は16メートル、定員は80名ほどになっています。料金は大人930円、子供470円になります。水位の状況によっては運行できない場合もあるようなので、事前にお問い合わせしておいたほうがいいかと思います。

このように、黒部ダムだけではなくその他の観光でも十分に楽しむことができるのが黒部です。
posted by 立山黒部アルペンルート 黒部ダム 記録の細道 at 10:00 | Comment(0) | 黒部観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒部ダムを観光する4

【くろよん記念室】
黒部ダムの観光地として「くろよん記念室」という場所があります。この記念室があるのはダムレストハウス内の3階です。ここには黒部ダムを縮尺した模型や、断面の立体図のほかに破砕帯の岩等が展示されています。またこの黒部ダムを建設しているときの記録として製作された映画「くろよん物語」が上映されているそうで、当時の大変さが分かる記念室になっています。

この記念室は無料で入場することができます。営業期間は4月〜11月まで、営業時間は朝の7時半〜17時までとなっています。ただし冬の期間は営業時間が短くなりますのであらかじめ問い合わせるか、調べてから行くようにしたほうがいいと思います。

【慰霊碑】
戦後電力不足の解消のために建設された黒部ダム、このダムの施行はとても大変なものだったようで特に急かされた工事が大町トンネルという現在の関電トンネルの開通だったといいます。
しかし、大破砕帯に遭遇をして一時は工事そのものが絶望視された中、7ヶ月もの期間を費やし、突破することに成功したそうです当時は世紀の大工事と言われたそうです。この時に犠牲となったのが171名もの人たちで、この方たちのための慰霊碑が建設されています。
このときの様子が映画「黒部の太陽」によって描かれているようです。
この場所も誰もが訪れることができる場所となっていますので、どうかご冥福をお祈りしてみてください。
posted by 立山黒部アルペンルート 黒部ダム 記録の細道 at 10:00 | Comment(0) | 黒部観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒部ダムを観光する3

【新展望広場】
この観光名所は比較的新しい名所で2003年6月にオープンしたばかりです。黒部ダムの迫力ある放水を見るためにはこの展望広場が間近に見られるとして人気の場所になっています。観光名所としての放水によって現れる虹を見ながら迫力ある放水と音を楽しんでみてはいかがでしょうか。ここに行くにはトロリーバスの黒部ダム駅より、展望台から行くと徒歩で約20分、連絡通路から行くと徒歩で行って約15分で到着します。

【ダムレストハウス】
このレストハウスでは食事やショッピングを楽しむことができる場所です。またダムにあるレストハウスのためにそこの窓からは黒部ダムの圧巻とした眺望を楽しむことができます。またここのレストハウスで有名なのが山イチゴのソフトクリームですので是非堪能してみてください。

また湧き水もあります。この湧き水は後立山連峰の地中の奥深くから染み出している天然水です。この湧き水は真夏であってもかなり冷たく、美味しくいただくことができます。この湧き水を味わうにはここのダム展望台のほかに、地中階段でも味わうことができます。

このダムレストハウスの営業期間は4/10〜11/30までとなっていますので、行くときにはその期間かどうか是非確かめてからいくことをおすすめします。0261-22-3402に電話すると確認できますので、こちらにお問い合わせしてみてください。
posted by 立山黒部アルペンルート 黒部ダム 記録の細道 at 05:00 | Comment(0) | 黒部観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒部ダムを観光する2

【黒部ダム駅】
トロリーバスの駅である黒部ダム駅は地下にあります。ここへはトロリーバスで扇沢駅から16分ほどで到着します。ここから黒部ダムへ行く経路は二つあります。ひとつは乗降口のところに黒部ダム展望台に続いている地中階段があります。その階段は220段あります。もうひとつは駅にある待合室の前の階段を下りていき、連絡通路を通るとダム堰堤にたどり着くことができるという二つの経路です。どちらでもお好きなほうで行ってください。

【ダム展望台】
黒部ダム駅から続いている220段、約10分におよぶ地中階段を上りきるとダム展望台があります。そこでは、黒部ダムを眼下に見下ろすことができる最高のポイントになっています。そこからは黒部ダムのほかに、立山連峰、北アルプスという大パノラマを楽しむことができます。

ここの見学は自由とされていて、湧き水もありますので是非堪能してみてください。

【野外階段】
ダムの展望台から進展膨大、ダムレストハウスへと繋がっている野外階段となっています。移動するだけで景色が変わるので、一歩一歩楽しむことができるのです。この階段は、景色を楽しむことができる意外なポイントとなっています。

しかし、野外ですので天候などによって利用できない場合もありますので事前に確認してから利用するようにしてみてください。
posted by 立山黒部アルペンルート 黒部ダム 記録の細道 at 09:00 | Comment(0) | 黒部観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒部ダムを観光する1

黒部ダムを観光する1

黒部ダムは今では有名な観光地となっています。そこでここでは黒部ダムの観光地をご紹介してみたいと思います。
黒部ダム以外の観光名所をご紹介しますので参考にしてみてください。

【扇沢駅】
黒部ダムの観光として最初に訪れるのが扇沢駅です。この駅は標高1433メートルという高地にあって、後立山連峰の大自然のなかにあります。ここの駅まではマイカーで行くことができ、大駐車場が完備されているために大変便利です。駐車場には無料分450台、有料分300台、臨時分700台とかなり大きな駐車場となっています。また駅前に扇沢総合案内センターというのがあるので、何か不明なこと、聞きたいことがあるときにはここで案内してもらうといいと思います。

アルペンルートにおける、トロリーバスや他の乗り物のチケットもこの駅で購入することができます。また駅の2階には売店やレストランがあるので、お土産を買ってもいいかもしれませんね。

【関電トンネルトロリーバス】
トロリーバスとは全国各地にあるような感じを受けますが、実は関電トンネルと立山トンネルの間でしか運行されていないものだと知っていましたか?このトロリーバスは鉄道の一種として扱われています。しかし、ガソリンで動いているものではなく電気で動いているものです。
このトロリーバスは黒部ダムの扇沢駅から富山の黒部ダムまでの6.1kmをつないでいるもので、約16分間におよぶ旅ができます。

まず黒部ダムの観光をしようとして訪れるのが、この二つからなので、まだまだたくさん観光地はありますが是非訪れてみてはいかがでしょうか。
posted by 立山黒部アルペンルート 黒部ダム 記録の細道 at 13:00 | Comment(0) | 黒部観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康 TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。