総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事| JTB【くつろぎの温泉宿】


黒部の太陽 黒部ダムの魅力

ストロベリーナイト/竹内結子

ストロベリーナイト Blu-ray / 竹内結子, 西島秀俊, 桐谷健太, 林遣都, 宇梶剛士 (出演); 誉田哲也 (原著); 龍居由佳里 (脚本)
posted by 立山黒部アルペンルート 黒部ダム 記録の細道 at 21:53 | Comment(0) | 日本映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「黒部の太陽」の製作背景

立山黒部アルペンルート黒部ダムを歩く、黒部観光なら
コースバリエーションに自信!旅のことなら阪急交通社   Powered by A8.net

momobgyoko.JPG

映画「黒部の太陽」の背景
立山黒部アルペンルート 黒部ダムの魅力

映画「黒部の太陽」という作品を制作するに当たって、石原裕次郎、三船敏郎の二人には最大の難関「五社協定」という圧力との戦いをしなくてはならなかったようです。

この「五社協定」というのは、映画会社間の交流を制約するもので当時はものすごく厳しかった存在で恐れられていたようです。

しかし、この二人の情熱に周囲が動かされ共同で製作が行われるようになるまでに事が運んでいったようです。

映画「黒部の太陽」全記録 (新潮文庫)

映画「黒部の太陽」全記録 (新潮文庫)

  • 作者: 熊井 啓
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2009/01/28
  • メディア: 文庫


次に立ちはだかった難関が「黒部の破砕帯」と呼ばれる出水シーンになります。撮影現場は実物大として作られた全長200メートル以上で作成された関電トンネルです。このセットを作成するに当たってはとても大変だったようで、坑内の岩石などは本物を黒部の土地から運び込んだらしいです。

そして、撮影本番になって水が噴出する場面で水が噴出してこない、おかしいと思ったその瞬間に地鳴りとともに濁流が出演者や機材、セットを押し流していったと言います。このシーンで石原裕次郎氏本人も怪我をおったそうです。機材までも押し流された中、奇跡的にフィルムが一部残っていたために、この奇跡的な出水シーンが世の中に広められることになったようです。

当時、映画「黒部の太陽」は空前の大ヒットとなったようで石原裕次郎本人も映画の感想で「生涯最高の作品」と言ったほど最高の作品になったようです。しかしその後この映画は封印され、テレビ化もDVD化もされていなかったようです。

プロジェクトX シリーズ 黒四ダム [DVD]

プロジェクトX シリーズ 黒四ダム [DVD]

  • 出版社/メーカー: NHKエンタープライズ
  • メディア: DVD


posted by 立山黒部アルペンルート 黒部ダム 記録の細道 at 09:21 | Comment(0) | 日本映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「ホワイトアウト」は黒部ダムがロケ地

映画「ホワイトアウト」は黒部ダムがロケ地
立山黒部アルペンルート 黒部ダムの魅力

whithout.jpg


2000年に映画「ホワイトアウト」と言うのが公開されたことを覚えていますでしょうか。
真保裕一が原作者の同名小説はサスペンス物として人気が高く、織田裕二主演で、松島奈々子や佐藤浩一等を出演者にして大ヒットした映画です。
この映画は日本最大級のダムを占拠したテロリスト集団を相手にして人質を救っていくという勇敢なダム職員の活躍を描いている物語になっています。

whithout_nanako.jpg


この小説のあらすじは。

場所は新潟県にある奥遠和ダムです。このダムの運転員として働いていた富樫(織田裕二)は山での遭難者の救助のために猛吹雪の中、同僚と外に出ました。そこでホワイトアウト現象に陥ってしまい、結果的に一緒に出た同僚の吉岡が命を落とすことになりました。
その数ヵ月後、無くなった吉岡の婚約者である平川千晶(松島奈々子)がダムにくることになりました。それと同時期に「赤い月」と呼ばれるテロリスト集団が奥遠和ダムを占拠し、職員や婚約者を人質にして50億円と言う多額のお金を要求していた。偶然人質にならなかった富樫が人質を救うために、テロリストに立ち向かう姿を描いています。


この原作のモデルとなっているのは奥只見ダムとされていますが、イメージ的に黒部ダムの方が合っていたために、ロケは黒部ダムで行われたそうです。
「ホワイトアウト」というタイトルの意味は吹雪による激しさから視界が分からなくなり、自分がどこにいるのか分からなくなってしまうということを指しています。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by 立山黒部アルペンルート 黒部ダム 記録の細道 at 17:00 | Comment(0) | 日本映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「ホワイトアウト」は黒部ダムがロケ地

映画「ホワイトアウト」は黒部ダムがロケ地
立山黒部アルペンルート 黒部ダムの魅力

whithout.jpg


2000年に映画「ホワイトアウト」と言うのが公開されたことを覚えていますでしょうか。
真保裕一が原作者の同名小説はサスペンス物として人気が高く、織田裕二主演で、松島奈々子や佐藤浩一等を出演者にして大ヒットした映画です。
この映画は日本最大級のダムを占拠したテロリスト集団を相手にして人質を救っていくという勇敢なダム職員の活躍を描いている物語になっています。

whithout_nanako.jpg


この小説のあらすじは。

場所は新潟県にある奥遠和ダムです。このダムの運転員として働いていた富樫(織田裕二)は山での遭難者の救助のために猛吹雪の中、同僚と外に出ました。そこでホワイトアウト現象に陥ってしまい、結果的に一緒に出た同僚の吉岡が命を落とすことになりました。
その数ヵ月後、無くなった吉岡の婚約者である平川千晶(松島奈々子)がダムにくることになりました。それと同時期に「赤い月」と呼ばれるテロリスト集団が奥遠和ダムを占拠し、職員や婚約者を人質にして50億円と言う多額のお金を要求していた。偶然人質にならなかった富樫が人質を救うために、テロリストに立ち向かう姿を描いています。


この原作のモデルとなっているのは奥只見ダムとされていますが、イメージ的に黒部ダムの方が合っていたために、ロケは黒部ダムで行われたそうです。
「ホワイトアウト」というタイトルの意味は吹雪による激しさから視界が分からなくなり、自分がどこにいるのか分からなくなってしまうということを指しています。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by 立山黒部アルペンルート 黒部ダム 記録の細道 at 08:00 | Comment(0) | 日本映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒部ダムを題材にした「黒部の太陽」

「黒部の太陽」という映画が昔ありました。それはあの大スター石原裕次郎が主演した映画です。この映画だけはビデオでもテレビ放映もされていなく、封印されているとまで言われていたのですが、2008年秋に舞台としてよみがえることが決定されたようです。

昔からこの「黒部の太陽」は舞台化が無理だと言われてきました。しかし、その伝説の名作が舞台としてよみがえるのです。石原裕次郎ファンにとってはたまらない作品だと思います。あの時代のあの記憶がきっと胸を熱くすることでしょう。

この「黒部の太陽」を映画化にしようとした時代は、1967年、まだ石原裕次郎の「夜霧よ今夜も有難う」やグループサウンズの曲が世の中を彩っていた頃の話です。
石原裕次郎、三船敏郎、熊井啓という3人の男たちの朝鮮から始まったようです。

まだまだ日本が未発達だった時代、日本を発展させるためには黒部の開発が必要なんじゃないかと関西電力社長の太田垣士郎が黒部ダムの建設を決めたことから話は始まります。しかし、建設に至るまでにはさまざまな困難があり、トンネル工事自体が無理だと反対されていたようです。しかし、このダム建設の責任者でもある北川覚と、建設会社の技師である岩岡剛によって関電トンネルの破砕帯突破をしようと全力を注ぐことになります。
そういったドラマの話を映画化しています。

これが、この秋舞台化されて中村獅童が主演として熱演されるようになります。この男たちの人生と葛藤を是非舞台でご覧ください。
posted by 立山黒部アルペンルート 黒部ダム 記録の細道 at 09:00 | Comment(0) | 日本映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒部の太陽がドラマで復活

昔、石原裕次郎が主演して大ヒットを記録した「黒部の太陽」がドラマ化されることがきまり、主演にSMAPの香取慎吾さんが抜擢されることになったそうです。

この「黒部の太陽」は故石原裕次郎さんの代表作ともなったような大作でいままではあまり話題にはのぼらなかったが、2008年になったあたりから舞台やドラマなどと取り上げられるようになり、再び注目されるようになっている作品です。

今までこんな大作をドラマや舞台などで見ることができなかったのは、石原裕次郎さんがこの作品は映画で見て欲しいという意志があったからだとも言われています。
「黒部の太陽」がそんなにすごい作品だということは今の若い世代、それも40歳くらいまでの方には分からないと思います。しかし、今の時期になってリメイク化され、中村獅童さんが舞台で、香取慎吾さんはドラマで演出されます。だから、若い世代にもこの凄さが少しでも伝わればいいのではないかと思います。

ドラマ版「黒部の太陽」では今では日本最大級の黒部ダムの建設に携わった男たちの様子を描いているようです。

また建設時にあった事故の様子は大量の水を使いますが、これを舞台やドラマでどう表現されるかとても楽しみだと思います。

この作品を演じる香取慎吾さんが生まれる前に出来た超大作ということもあり、本人のインタビューではリアルタイムには知らないが名前だけは知っていると語っていて、この作品に敬意を表して演じたいと意気込みを見せていたそうです。

どういった作品になるのか今からとても楽しみです。
posted by 立山黒部アルペンルート 黒部ダム 記録の細道 at 12:00 | Comment(0) | 日本映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康 TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。