総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事| JTB【くつろぎの温泉宿】


黒部の太陽 黒部ダムの魅力

映画「黒部の太陽」の製作背景

立山黒部アルペンルート 黒部ダム 黒部の太陽
映画「黒部の太陽」の製作背景
関電トンネル.jpg
映画最大の見所。出水シーンは迫力満点。空前の大ヒットとなった!

映画「黒部の太陽」という作品を制作するに当たって、石原裕次郎、三船敏郎の二人には最大の難関「五社協定」という圧力との戦いをしなくてはならなかったようです。
この「五社協定」というのは、映画会社間の交流を制約するもので当時はものすごく厳しかった存在で恐れられていたようです。
しかし、この二人の情熱に周囲が動かされ共同で製作が行われるようになるまでに事が運んでいったようです。
次に立ちはだかった難関が「黒部の破砕帯」と呼ばれる出水シーンになります。撮影現場は実物大として作られた全長200メートル以上で作成された関電トンネルです。このセットを作成するに当たってはとても大変だったようで、坑内の岩石などは本物を黒部の土地から運び込んだらしいです。
そして、撮影本番になって水が噴出する場面で水が噴出してこない、おかしいと思ったその瞬間地鳴りとともに濁流が出演者や機材、セットを押し流していったと言います。このシーンで石原裕次郎氏本人も怪我をおったそうです。機材までも押し流された中、奇跡的にフィルムが一部残っていたために、この奇跡的な出水シーンが世の中に広められることになったようです。
当時、映画「黒部の太陽」は空前の大ヒットとなったようで石原裕次郎本人も映画の感想で「生涯最高の作品」と言ったほど最高の作品になったようです。しかしその後この映画は封印され、テレビ化もDVD化もされていなかったようです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

お客様の声 高得点
posted by 立山黒部アルペンルート 黒部ダム 記録の細道 at 16:47 | Comment(0) | 黒部の太陽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策


金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康 TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。