総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事| JTB【くつろぎの温泉宿】


黒部の太陽 黒部ダムの魅力

黒部ダムの完成

黒部ダム完成までの工程
立山黒部アルペンルート 黒部ダムの魅力

damukouji.jpg



黒部ダムの完成は当初昭和38年と予定されていましたが、この完成予定までの工程は関西電力にとっては絶対に遅れてはいけないという危機感があったようです。
それは何故かというと、黒部ダム建設の工期が7年以上になってしまった場合、これまでの電力需要の伸びから考えてみても、もしかすると大阪が停電になってしまうかもしれないという危険性があったからだと言われています。

黒部ダムを建設する上での工程で一番時間がかかるとされていたところは、ダムの工事本体ということだったそうです。
黒部ダムの工事は途中までは順調に行っていたのだと思いますが、大町トンネル内での大破砕体との遭遇によりこれを貫通させるために7ヶ月もの期間を費やしたことで、後工程での苦闘が強いられることになったようです。
何故なら、トンネル貫通時点で既に工期が1年遅れていたからだったからだそうです。

ですから、黒部ダム工事を施工する側から出された挽回策としてダム基礎掘削を「大発破」するという方法であったと言います。
詳しいことはここで書いてもよく分かりませんが黒部のダム工事にはかなりの重機械類を投入して実施され、結果的にはわずか1ヶ月遅れまで工期を取り戻したようです。

これによって大阪が停電すると言う自体は免れた訳ですが、ダム工事と言うのは何が起こって障害になるか分かりませんよね。費用や人材の問題もあるとは思うのですが余裕を持った工事ができるような時代がくればこういった問題は起こらずに済むのかもしれませんね。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by 立山黒部アルペンルート 黒部ダム 記録の細道 at 09:00 | Comment(0) | 黒部の太陽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策


金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康 TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。