総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事| JTB【くつろぎの温泉宿】


黒部の太陽 黒部ダムの魅力

黒部ダムを観光する4

【くろよん記念室】
黒部ダムの観光地として「くろよん記念室」という場所があります。この記念室があるのはダムレストハウス内の3階です。ここには黒部ダムを縮尺した模型や、断面の立体図のほかに破砕帯の岩等が展示されています。またこの黒部ダムを建設しているときの記録として製作された映画「くろよん物語」が上映されているそうで、当時の大変さが分かる記念室になっています。

この記念室は無料で入場することができます。営業期間は4月〜11月まで、営業時間は朝の7時半〜17時までとなっています。ただし冬の期間は営業時間が短くなりますのであらかじめ問い合わせるか、調べてから行くようにしたほうがいいと思います。

【慰霊碑】
戦後電力不足の解消のために建設された黒部ダム、このダムの施行はとても大変なものだったようで特に急かされた工事が大町トンネルという現在の関電トンネルの開通だったといいます。
しかし、大破砕帯に遭遇をして一時は工事そのものが絶望視された中、7ヶ月もの期間を費やし、突破することに成功したそうです当時は世紀の大工事と言われたそうです。この時に犠牲となったのが171名もの人たちで、この方たちのための慰霊碑が建設されています。
このときの様子が映画「黒部の太陽」によって描かれているようです。
この場所も誰もが訪れることができる場所となっていますので、どうかご冥福をお祈りしてみてください。
posted by 立山黒部アルペンルート 黒部ダム 記録の細道 at 10:00 | Comment(0) | 黒部観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策


金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康 TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。